パソコンを使う

kubernetesなど無償で提供されているOSSとは?

オープンソースソフトウェアは頭文字をとって、OSSと表記されます。OSSは、ソースコードが無償で公開されているソフトウェアのことで、利用や改変、再配布が自由に許可されています。本来ソフトウェアのソースコードは知的財産にあたるので、ライセンス料を徴収し販売されるものです。多くの商用ソフトウェアはOSSではないため、ソースコードの改変はできません。OSSとして知られているものを挙げると、Linux、Java、PHP、kubernetesなどがあります。kubernetesは、コンテナ化したアプリケーションの管理などを行うためのOSSとなります。OSSは無料ですが、高性能で安全性が高いものが多いのが特徴です。OSSを使えばライセンス料が無償になるため、コスト削減にもつながります。また、一からソフトウェアの開発を手掛けるより短時間で行えるメリットもあります。ソフトウェア開発においてOSSはなくてはならないものです。しかし、無償で提供されているすべてのソフトウェアが全部OSSというわけではありません。利用する際には、「OSS」と明記されているかをしっかりと確認をしてから利用するのが良いでしょう。

最新情報

  • コードの信頼性の高さがkubernetesやOSSのメリット

    OSS(オープンソースソフトウェア)のメリットのひとつがコードの信頼の高さです。誰もが自由に開発に参加できるのがOSSの魅力です。透明性が高く使用が公開されているので、適切な知識と技術を…

    もっと読む
  • kubernetesなどのOSSの特徴とそのメリットとは

    コンピューターシステムは、主にハードウェアとソフトウェアで構成されており、機械などの実際に目で見たり触れることができるものをハードウェア、プログラムや青売りケーションなどの物理的でないものをソフ…

    もっと読む
  • OSSのkubernetesとDockerを併用するメリットとは

    ソースコードが公開されており、誰でも無料で使用できるOSSには、多くのメリットがあります。単体で使用してももちろんその機能の高さやメリットは十分に実感できるものですが、中には併用することによって…

    もっと読む
  • kubernetesなど無償で提供されているOSSとは?

    オープンソースソフトウェアは頭文字をとって、OSSと表記されます。OSSは、ソースコードが無償で公開されているソフトウェアのことで、利用や改変、再配布が自由に許可されています。本来ソフトウェアの…

    もっと読む
サイトマップ

新着情報

TOP